MAKAVELI 7days
[2Pac Japan.net] webmaster's opinion & guest community
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク | - | - | - |
『BIGGIE & TUPAC』日本版DVD発売
2002年に公開され、ドキュメンタリー映画としてなかなかの高評価を得た『BIGGIE & TUPAC』。勿論日本では劇場公開されなかった作品なのだが、これが日本語字幕版DVD化!と告知されて…かれこれ半年以上延期を繰り返し、この23日にようやく発売となった。
この映画は、ニック・ブルームフィールド監督が、Notorious B.I.G.と2Pacの未解決殺害事件に関する調査を行い制作したドキュメンタリー・フィルムであり、Los Angeles Times紙が[Who Killed Tupac Shakur?(Tupac Shakur殺害の犯人は?)]という記事を掲載してから3週間後に公開され全米で話題となった。
1996年9月6日、2Pac (Tupac Shakur) はラスヴェガスで行われたマイク・タイソンとブルース・セルドンの試合を観戦後、Suge Knightの経営するクラブへ行く途中であった。車に乗っていた2Pacは、近付く白いキャデラックから降りてきた2人組の男に射撃される。そして1週間生死を彷徨い、遂に13日帰らぬ人となった。
一方、Notorious B.I.G. (Biggie Smalls) は、1997年3月8日、ロサンゼルスで行われたSoul Train Music Awards記念パーティからの帰りに襲撃された。Biggieは車に乗りながら通りに出てくる出席者を見ていたところ、通りかかったセダン車から発砲された数発の銃弾を受け死亡。9日、享年24歳であった。
当時この2つの未解決死亡事件はショッキングなニュースとして報じられ、様々なメディアが関連性を疑い検証した。そして「西vs東」という単なるラップバトルからギャングが絡んだ抗争にまで疑惑は巨大化していった。
そして2002年、Los Angeles Times紙が[Who Killed Tupac Shakur?]というセンセーショナルな記事を掲載し大きな波紋が広がる。Notorious B.I.G.が2Pacの殺害に関与し、ギャングに報奨金を支払った…と報じたその内容に、Biggieの家族や多くのArtistが怒りをあらわにした。 そしてその記事が掲載された3週間後、ドキュメンタリー『BIGGIE & TUPAC』は公開された。

ニック・ブルームフィールド監督は自ら集音マイクを手に、カメラを肩に担いだ相棒を従えて、さながら私立探偵モードといった趣であちこちを嗅ぎ回って行く。元捜査官Russell Poole氏やBiggieの母親、Biggieの弟分Lil' Ceaseら親しかった人々にインタヴューを敢行。 2Pacに関しては彼の地元、さらに刑務所に収監されていたSuge Knightや彼の親族、事件を担当した警察官らに突撃取材を行っている。
要するに“この2つの殺害事件は、Suge Knightが黒幕だ”…という元捜査官Russell Poole氏の仮説を、様々な角度から捉え直し、再検証していく徹頭徹尾ドキュメンタリー作品である。
(BiggieやPacのレア映像を過大に期待するのはハナから間違っている)

いくら日本語字幕DVD化された映画だからといって、ここで汲み取れる印象だけで“うむ、これが真相か!”と鵜呑みにするのは、ちょっとどうかと思うし…結局は全てが解明されている訳ではなく、今も真実は闇の中なのだ。

類い稀なる才能を持つラッパー=2PacとBiggieが銃弾に倒れてしまったという現実と裏に潜む暗闇を、あらためて苦々しい気分で再確認するだけのこと…といっては言い過ぎか。

amazon.co.jp
BIGGIE & TUPAC / ビギー&トゥパック(日本語字幕版DVD)
author : PPG "Paw Pads" | 2Pac aka Makaveli Topic | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする



 



この記事のトラックバックURL
http://makaveli7days.jugem.cc/trackback/23
トラックバック
LATE ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP