MAKAVELI 7days
[2Pac Japan.net] webmaster's opinion & guest community
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク | - | - | - |
Got LIVE If U Want It! (4)
ぜひとも生でステージを堪能してみたかったArtistといえば、私の場合はSam Cookeと2Pacなわけだ。まぁSam Cookeの場合は私がこの世に生まれる2年も前に亡くなってしまっていたのだから、どう転んでも絶対観ることなど出来なかったのだが。
Pacの場合はひょっとすると観ることが出来たかもしれないのだ。いやぁ、当時来日なんて実現でもしていたら…どんな無茶をしてもステージ正面にかぶりつきして心臓バクバクさせてたかも。

そんな2Pacだが、実は生前に一度来日してステージで勇姿を振りまいていたコトをご存知の方もいるだろう。それどころか接近遭遇して鮮明な思い出をお持ちの方もいらっしゃるわけだ。
台東区にお住まいのTakahashiさんは、そんな貴重な体験をなさったお方で、[2Pac Japan.net]をご覧になられてメールをくださいました。
学生時代からHipHopファンだったTakahashiさんは、DIGITAL UNDERGROUNDの一員として来日した2Pacを観ることが出来たそうで…う〜ん羨ましい。
『TOMMY BOY RAP 90』というショーケース・ライブにDIGITAL UNDERGROUNDとQueen Latifahが出演ということで、1990年11月1日にクラブチッタ川崎のステージを体験なさったそうです。
勿論当時のPacは殆ど無名で、あくまでDIGITAL UNDERGROUNDの一員としてステージに立ったわけですが…そんな彼が突出した存在感で会場を盛り上げていたというから痛快です。

ステージ終了後にTakahashiさんが外へ出ると、DIGITAL UNDERGROUNDのメンバーがファンにサインをしていたそうで…その中に、女の子達に囲まれている2Pacを発見。
“正直、当時は誰だかよくわからなかった”らしいですが、ドサクサに紛れてそのへんにあったチラシの裏にサインして貰い、写真まで撮らせてもらったというのですから…今となってはラッキーです。

先日Takahashiさんが家の掃除をしていると、その時の写真とサインが入ったファイルケースが出てきたそうで。送って頂いた画像をこの場で皆さんにご覧頂きます。
よれよれのチラシによれよれの字で(笑)『Peace 2PACALIPSE』と直筆で書かれています。

当時はまだ夢に向かってようやく第一歩を踏み出した時期とあって、名前さえ殆ど知れ渡っていない存在だったわけですが…一本立ちして、トラブルに巻き込まれ、様々な葛藤や怒り、哀しみに苦しめられる前の“人生で最も楽しかった”頃の2Pacがここには居る。


『TOMMY BOY RAP 90』(1990年11月1日/クラブチッタ川崎)
主催:FM横浜/FROM-A
企画協力:CBSソニーグループ
author : PPG "Paw Pads" | 2Pac aka Makaveli Topic | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
うーーーーうらやましすぎます!!!
PEACEって書いてある!2PACALYPSEって書いてあるーー!!
当時小学生の私がDIGITAL UNDERGROUNDを聴いていたならば! と思ったところでなんにもなりません。その頃はミスチルとシャ乱Qの区別が付いてなかったようなガキでした(T〜T)
前にブックオフで1991年1月の「MUSIC MAGAZINE」が百円で売ってて、「デジタルアンダーグラウンド+クィーンラティーファ」なんて表紙に書いてあるもんだから狂喜乱舞して買ったら、
”テュパック「おめえの耳はどうかしてんじゃねえか。俺たちが影響受けたのはスティーヴィワンダーだぜ」”(インタビュアーがDIGITAL UNDERGROUNDはPファンクの影響が見える、と言った事にたいして)‥とか、
”テュパック「俺はカントリーも好きだ、ジョニーキャッシュとか」”‥なぁんて書いてあるのを読んでそれだけで血沸き肉踊るといった感じでした。
実際に見に行った人がいると思うと、今の私にできることは、布団の端を噛みしめてうらやますぃーっと言いながらライブ盤を聴いてトリップする事ぐらいです。
2004/12/12 4:03 AM 【chika】
chikaさん、こんにちわ〜☆
確かに今となっては羨ましすぎる接近遭遇ですよねぇ!!
勿論当時は誰も“この2Pacが、その後…大化けする”とは殆ど実感なかったでしょうけども、紛れもない強烈なオーラは発していたのでしょう。
しかし『ミュージックマガジン』誌の貴重なインタビューはウケますねぇ(笑)。P-Funkの影響に触れられてこんな風に切り返してくるなんて…。
かなり当時からユーモアとウィットに富んだ言葉を発する人だったんだなぁ、と。
生前のPacはトラブルに巻き込まれがちで、ソロになって開花した後は思ったように活動できなかったところもありますから…現地でPacのステージを目の当たりにした日本人は更に少ないかもしれませんよねぇ。
幸い作品だけはたっぷり遺してくれたPacですが、やっぱり生で、その勇姿を観ることができなかったのが痛恨です。
ライヴ盤を聴いてのトリップさえもが稀少な機会となっちゃいましたもんね。
chikaさん、ぜひぜひ…ライヴ盤は勿論、数々のAlbumに対する思い入れなんかも、機会を見てコメントをお寄せくださいね。思ったままにガガッと一気に語ってください☆
2004/12/13 11:44 AM 【PPG "Paw Pads"】
コメントする



 



この記事のトラックバックURL
http://makaveli7days.jugem.cc/trackback/29
トラックバック
TOMMY BOY RAP 90
これオレも行ったな。懐かしいな。 TOMMY BOYのツアーだったのは覚えている。 DIGITAL UNDERGROUNDがお目当てで行ったんだよね。 でも、2PACなんてヤツは知らなかった。 ステージは最初にQueen Latifahで、次がDIGITAL UNDERGROUNDだったと思うけど違ったかな? DI
2004/07/03 11:39 PM 【DJ QUICK SORT】
LATE ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP