MAKAVELI 7days
[2Pac Japan.net] webmaster's opinion & guest community
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク | - | - | - |
2Pac Interscope Years
 [2Pac Japan.net]のTopic Informationでお知らせした通り、11月下旬から12月初旬発売を目指して制作が進行している2Pacのニュー・アルバム(Interscope時代の未発表曲集)について、いまだAmaru/Interscope Recordsサイドから具体的な発表がない。
 ホントに年内にリリースされるのか不安な気もしてくるが…いずれにしても11月から12月にかけての発売では、メジャーHipHop/R&B Artist達の注目リリース・ラッシュと重なってしまうので、チャート争いが熾烈を極めそうだ。
 そんな中久々に伝わってきた情報だが、Digital UndergroundのShock-Gが最新インタビューで語った「Deon "Big-D" Evansが2Pacの新作で何曲かProduceするだろう」というコメントは非常に興味深い。
 Deon "Big-D" Evansという名前を聞いて、すぐにピンとくる2Pacファンも意外に少ないと思われるが…1stアルバム「2Pacalypse Now」や2nd「Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z...」といった初期作品で "If My Homie Calls" や "Brenda's Got a Baby" などを制作し、「Greatest Hits」で発掘収録された人気曲 "Changes"も手掛けた人物といえば“おぉ、あのヒトですか!”と思えるのではないか。
 EminemやKanye Westなど、生前の2Pacとは関わりのなかった面々が未発表曲(Original Version)をRe-Productionしている様子が伺える中で、2Pacと縁の深いProducerのひとりであるDeon "Big-D" Evansが今回のプロジェクトに参加しているとしたら…こだわりの2Pacファンも思わずニヤリとしてしまうのでは。
 とはいっても、Deon "Big-D" Evansが新たにTrackを制作しているのではなく、彼が手掛けた2Pacの初期未発表作品を自らの手で最終形に仕上げて発表すると思われる。
 新進売れっ子Producerばかりを起用するのではなく、生前の2Pacと共に作品を作り上げていた人物も再び関わってくる状況こそ最もベターなかたちではないだろうか。
 熱烈に年期の入った2Pacファンならば、“懐かしのあのヒトにProduce参加して欲しい!”とか“あの曲をいよいよオリジナルで聴けるのか!?”といった期待感も高まってくるだろう。様々な期待を込めてアレコレ考えられる今が一番ワクワクする時期かもしれない。
 
 とにかく「2Pacalypse Now」や「Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z...」といった、普段あまり聴く機会の少ない初期作品を改めて聴いてみては如何でしょう。以前聴いていた印象とは違ったものが発見できるかもしれません。
 そして是非、初期アルバムに対するあなたの感想や印象などを【2Pac Album Impression 91-96】にコメントして頂きたいと思います。
(2004/10/16)
author : PPG "Paw Pads" | Webmaster's Opinion | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
>とにかく「2Pacalypse Now」や「Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z...」といった、普段あまり聴く機会の少ない初期作品を改めて聴いてみては如何でしょう。



最近、僕はこの二作を良く聴くんですけど、どんどん新しい面が見えてきますね。なんといっても、パックの楽曲の魅力というのは‘‘聴きこめば聴きこむ程味が出る’’ことですなぁ。

以前Thug Style BBSで、‘‘Part Time Mutha’を出してくれている人がいたけど、あの曲は本当に良いですよね〜。個人的に1st、2ndってパックの中での実験段階って感じにとらえています。『Thug Life』ではパックの進む道が見えてきた感じですね。

なんといっても、‘‘Holler if ya hear me’’と‘‘If my homies call’’は本当にカッコ良い。シビレます。

アルバム全体的には凄い高い点数はちょっとつけられないですが、確実に‘‘良い曲’’を作っていましたよね〜。結構僕の周りでは不評なんですけど・・・僕は1st,2ndも大好きですね。やっぱりあのアルバムがあったから、『Me Against The World』が生まれたと思うんですよ。
2004/10/16 9:14 PM 【SGC】
>Changes も手掛けた人物
Big-Dって凄い人ですね。知らなかったです。
次のアルバムが楽しみと言いたい所ですが、
最近って予定通り出るアルバムって少ないですよね。
「Detox」みたいに中止にならなきゃいいんですけど。

>生前の2Pacとは関わりのなかった面々が・・・
個人的にはやっぱり生前の2Pacと関わりのあった人に
produceしてもらった方がいいと思います。
そっちの方が『2pacらしさ』が出る気がします。
ただ、初期音源を手がけていたBig-Dが10年近くすぎた今
2pacらしい曲を手がけられる保障はないですから、どうなるかはわかりませんね。
まあ、とりあえずワクワクしながら新情報を待ってますw
2004/10/17 5:56 PM 【usk
 「2Pacalypse Now」や「Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z...」といったPac初期の作品群で埋もれてしまった未発表モノが、いよいよ陽の目を見る…という気配が漂っていたところに、かなりビックリな情報が入ってきましたよねぇ。まさかEMがかなりの権限を持つことになるとは。初期作品云々もあったもんじゃないような気もしてきました。
 PacのRapは勿論彼自身のモノではあるけど…こりゃ賛否両論間違い無しでしょう。私は"Runnin' (Dying To Live)"におけるEMの仕事ぶりは評価してるんですが、今回のように何から何まで殆どが彼の手に委ねられるような傾向は行き過ぎてしまう危険性があるとも感じます。
 正直なところ、私はEMのファンというワケではありません。だから、EMが自身の作品や活動自体で好き勝手にするのは全然「ご自由にどうぞ」って感じですが…Pacの仕事をする時だけは別次元の意識で取り組んでもらいたいナ。当然彼はPacファンなのだから、そのへんは十二分に心得てヤッてくれてるとは思うけど…。
2004/10/25 4:27 PM 【PPG "Paw Pads"】
コメントする



 



この記事のトラックバックURL
http://makaveli7days.jugem.cc/trackback/74
トラックバック
LATE ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP