MAKAVELI 7days
[2Pac Japan.net] webmaster's opinion & guest community
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク | - | - | - |
デス・ロウ オリジナル・ヴァイナル・アートワーク仕様CD
 9月22日、ビクターエンタテインメントがDeath Row Recordsの名盤6タイトルを紙ジャケットCDでリリースした。
 『All Eyez On Me』『Makaveli/ The 7day Theory』といった2Pac作品を筆頭に、「Dr. Dre/ The Chronic」「Snoop Doggy Dogg/ Doggystyle」「Tha Dogg Pound/ Dogg Food」「Daz Dillinger/ Retaliation, Revange and Get Back」が、LPレコードをミニチュア化したスタイルのCDパッケージで発売中。
 この通称“紙ジャケCD”は、レアなROCKやJAZZの名盤LPジャケットを再現するマニア向けなアイテムとして、コレクターやファンの間では人気を呼んでいる商品だが…アナログ盤も常に出回っていて、しかも近年の作品であるHip Hopというジャンルでの存在意義には疑問の余地がある。
 しかし、LPレコードを忠実にミニチュア化した保存版アイテムとしては興味をそそられるところだろう。気になるお値段だが、『Makaveli/ The 7day Theory』などは2600円で、『All Eyez On Me』は2枚組のために3600円という少々割高な価格設定なので、やはりコレクター向けのアイテムといえる。
 それでも非常に稀な機会といえる“Hip Hopの紙ジャケCD化”だ。初回限定生産というコトもあって、ずれ店頭から姿を消してしまう前にファンは入手しておくべき注目商品かもしれない。

 私の場合、往年のROCKやJAZZにも親しんでいるので王道的名盤やお気に入りアルバムは(既に通常のCDやLPを所有していても)紙ジャケCDでも購入する場合が多い。そこへ来てとうとう2Pacまでもが紙ジャケ化というコトで早速『All Eyez On Me』と『Makaveli/ The 7day Theory』を入手。

 巷では“Hip Hop系では初の紙ジャケCD”のように紹介されてるかもしれないが…実は初めてのコトではない。99年にDef Jam Classics 5枚がポリグラムから紙ジャケでリリースされているのだ。しかし、音質が向上したわけでもなく、CDを単純に紙製ジャケットにした程度のお粗末な商品だった。
 では、今回のDeath Row Classics…というか2Pac/Makaveliの紙ジャケCDの出来映えは如何なモノだったか。
 流石は紙ジャケのパイオニア=ビクターエンタテインメント!ジャズ名盤を見事な音質で蘇らせて、こだわりのオリジナル・ジャケット再現を続けてきただけのことはある素晴らしい出来映えとなっている。



●紛れもなく忠実なアナログ盤(LP)ジャケットのミニチュア化を実現
●ダブルジャケットだった「All Eyez On Me」もそのままアートワークを再現
●LPをミニチュア化した事で記載文字は小さくなったので、拡大した折込別紙も封入
●CD盤面は、アナログ盤(LP)のレーベルを忠実に再現
・・・などなど、“出すからには徹底する”姿勢が貫かれているのだ。

 細かいコトを言えば、色々と厳密にはミニチュア再現できなかった部分もあるのだが…。
○裏ジャケット下部に記載のレコード会社の英文コピーライトは消滅
○当時Death Rowの配給を行っていたInterscope Recordsロゴや社名はカット
○裏ジャケット右上にあったバーコードは消されて「Makaveli」では不自然な余白となった
○「All Eyez On Me」ジャケット左下にあった[4 VINYL PAC]マークが消滅
○「Makaveli」ジャケット背表紙のタイトル記載は再現されずに消滅
 ・・・最初の3つは版権等の問題があるので仕方ないところだが、「All Eyez On Me」ジャケット左下にあった[4 VINYL PAC]マーク(CDでは[2 COMPACT DISC PAC])を消滅させる必要はなかったのではなかろうか。
 まぁそれだと4枚組(LP)という表記だから紛らわしいのかもしれないが…他の部分ではレコード表記を殆ど再現しているのだし、どうせ店頭では帯で隠れてるのだ。ここは徹底して欲しかった部分といえるだろう。

 しかし、そのへんは重箱の隅をつついてるような箇所なので…概ね素晴らしい出来映えだと断言できる。ご丁寧にもジャケットはビニール・コーティングされていてツルツルしてるし(厳密にいえば、オリジナルLPジャケットはコーティングされていないのだが)、価格に見合った豪華装丁だ。
 2Pacファン/コレクターならば入手をお勧めしておきたい。ちなみに、歌詞・解説・対訳付きではあるが…2001年にプラケース盤で発売されている通常CDとまったく同じ内容なので、念のため。
(2004/09/25)
author : PPG "Paw Pads" | 2Pac aka Makaveli Topic | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
初めましてー!「徒然桃日記」にコメントしていただき、ありがとうございました!
ま、まさか、2Pac Japan.netの管理人様のお目に止まるとは思いませんでした。
ビツクリです。。。

うちのBLOGは、音楽メインではないので(主に雑談メインです・・・)恐縮ですが、「こんな人も2Pacの魅力にやられちゃってるんだな」てな感じに思って頂ければ、うれしいかなと思います。
というわけで、こちらからリンクして頂けるなんて、うれしすぎです♪
私の方からも、きちんとリンクさせて頂きます!
こちらこそ、今後もよろしゅうお願いします。

ところで、この紙ジャケCD、かなり惹かれますね。

>紛れもなく忠実なアナログ盤(LP)ジャケットのミニチュア化を実現

ミニチュアマニアでもある私の物欲に火を付けそうです・・・
2004/09/29 12:56 PM 【momo
はじめまして(^^)。momoちゃんより、管理人PPG様より彼女のサイトに書き込みがあったとの報告を受け、お恥ずかしながら、参上いたしました。私にも呼びかけていただいて、ホントに、涙が出そうなくらい感激しました。
2Pacファン暦わずか数ヶ月でこちらに書き込みをするなんて、あまりにも失礼かと思い、こちらのサイトやBLOGを拝見し、感動しながらも、「もっと上級者になってから」と遠慮しておりました(^_^;)。
自分でもビックリするくらい、Greatest Hitsを聴いて虜になってしまい、リザレクションを見て涙し、あまりに感動して、逆に過去の曲が聴けない状態になっています。
でも、ただ感傷的になっていても仕方がないので、ちょっとずつPacの作品を集めていこうかと思っているところです。
この紙ジャケバージョン、素敵ですね。まだプラケースのものすら持っていない私が手を出すのも、かなり僭越かとは思うんですけど、心惹かれます。

ホントに、大したことが書けなくてすみません。
今日はご挨拶ということで、お許しください。
リンクフリーとのことでしたので、だいぶ前から2pac Japan netをリンクさせていただいており、私のサイトにはリザレクションの感想など、書いています。
ショボいサイトで申し訳ないのですが、momoちゃん同様、こんな女性ファンもいるんだ・・という感じに思っていただければと思います。
また遊びに来ます(^^)。
2004/09/29 2:24 PM 【めぐみ
コメントする



 



この記事のトラックバックURL
http://makaveli7days.jugem.cc/trackback/81
トラックバック
LATE ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP